一軒家でよかった!子どもに騒がないでって言わなくていい毎日

住みやすい一戸建て住宅

マイホーム購入では、一戸建て住宅とマンションのどちらにするか、ここが大きな分岐点です。どちらにもメリットはありますが、子育てするのに向いているのは一戸建て住宅です。 一戸建て住宅の魅力は、二階建てでも三階建てでも、上にも下にも他人が生活していることがない点です。 小さい子供は家の中で走り回るでしょう。走り回った時に下の階に別の住民がいれば、苦情が来てもおかしくありません。また、その反対に上の階に別の住民がいてドタバタと走り回っていれば、下の階に住んでいる人は足音がうるさく迷惑がるでしょう。 一戸建て住宅なら上の階と下の階の住民を気にしながら生活しないで済みます。ですから、親も子供に迷惑になるから走らないようにと注意しなくて済みます。

物音をしっかり聞ける環境

基本的に一戸建て住宅で高い建物を建てても3階建ての家でしょう。主流は2階建てになりますが、いずれにしても決して高い建物ではありません。地面にしっかりと家が建っているため、道路を走る車の音、周辺の木や電線にとまっている鳥たちのさえずり等、耳にも目にもその光景が入ってきます。特に小さい子供は目や耳から入ってくる情報がとても大切です。
一戸建て住宅では近所付き合いが大変と思う人もいるでしょう。しかし、近所の目があるからこそ防犯という意味ではメリットになります。近所付き合いを密にすることで、色々な情報を共有することもできます。
さらに一戸建て住宅に庭があれば、ガーデニング等も楽しめて自然と触れ合うことができます。

マンションを購入した場合、見知らぬ他人と壁を共有することになります。そして、色々と気を遣うことも多いものの一戸建て住宅に住めば、音漏れ問題などをあまり気にせずに居住することが出来ます。