営業さんの意見はオールマイティ?だからこそしたい自分からの間取りの提案

間取りの提案はどんどんしよう

注文住宅は、依頼主の希望に応じて間取りや設備を自由に設計できます。設計と建築を依頼するハウスメーカーと契約すると、営業さんがパートナーとして住宅の引き渡しまで対応してくれるのが通例です。設計が完了するまでに何回も営業さんとミーティングを重ねることになります。そのとき、だいたいの予算や将来的な生活プランを伝えると営業さんから一定の提案が行われます。基本的な設計(間取り)を提示して、それをもとに細かい部分を依頼主の希望で変更していくのがよくある流れです。この基本設計が今ひとつだったときは、どんどん変更案を提案してかまいません。自分が住む家であり、自分のお金で建てるのですから妥協する必要はありません。予算や技術面で実現が難しい場合、可能な範囲で再設計してくれるので何回でもミーティングを行いましょう。

イメージをきちんと伝えるために

予算の範囲で理想的な住宅を建てるため、メーカーからの提案はどんどん変更してかまいません。しかし、建築やインテリアについて専門的な知識がないと、どのように希望を伝えるべきかわからないかもしれません。住宅の設計に慣れている人はあまり多くないので、ハウスメーカーへのイメージの伝達を難しく感じている人はかなりいるのが実情です。そんなときは、イメージを言葉ではなく画像で伝えてみましょう。雑誌の切り抜きやインターネット上の画像など、自分のイメージに近いものを営業さんに提示します。自分のイメージと完全に同じ画像は見つかりにくいので、部分的に参照できる画像でかまいません。画像集めには時間が必要なので、住宅建築をぼんやりと考えたときから始めておくとよいでしょう。

建売住宅は土地とセットで物件が出来上がっていますのですぐに住めます。しかも価格がリーズナブルで打ち合わせなど手間がかかりません。